保育士になるためには資格が必要です。この資格取得は、試験を受ける方法と指定されている学校を卒業する方法があります。試験はなかなか難しく実技試験もあるため、独学で合格するのは難しいです。学校であれば、卒業すると資格をもらうことができますし、実技指導が受けられるため、卒業後も仕事をする時に役立てることができます。

専門学校も指定を受けているところでは、資格を取ることができます。指定を受けているところには2種類あって、一つは厚生労働省の指定のみを受けているところです。こちらの専門学校は、卒業すると保育士の資格を取れますが、幼稚園教諭の資格はとれません。もう一つは、厚生労働省と文部科学省の指定を受けている学校で、こちらは卒業すると幼稚園教諭の資格も取得することが可能です。

ただし、厚生労働省の指定のみを受けている学校でも、短期大学の通信課程にも同時に在籍してダブルスクールをすることで、両方の資格が取れるようにしている学校もあります。こちらの場合も結論としては同じく両方の資格が取れます。ダブルスクールをするタイプの専門学校だとしても、保育士、幼稚園教諭として働いていくだけの知識や技術はしっかりと身に付けることができるため、悪くはない選択です。専門学校は全国にたくさんあって、それぞれが特色あるカリキュラムを用意しています。

そのため、自分い合っている学校を選べるよう、カリキュラムの特色やキャンパスの環境を見比べて選びましょう。