保育士専門学校には、指定校と併修校があります。指定校は、厚生労働省と文部科学省の指定を受けている学校です。こちらを卒業すると、保育士と幼稚園教諭の資格を取得することができます。もう一つは併修校です。

こちらは、いずれかの指定歯科受けていないため、片方の資格は他の短期大学の通信課程にも入学します。専門学校を卒業することで片方の資格を取得し、もう片方は通信課程を卒業することで取得します。これを比べると、指定校の方が煩雑な手続きをする必要がありません。併修校の場合は、料金の徴収が専門学校と短期大学とそれぞれの別のケースがあるなどやや面倒です。

また、短期大学の通信課程を卒業するためにはスクリーニングに参加する必要があるなど、手間がかかることもあります。そのため、わかりやすいのは指定校であるといえるでしょう。ただし、併修校にもメリットがあります。それは、短期大学卒業の資格も得られることです。

保育士として活躍する上ではあまり関係がありませんが、他の進路に変更する場合などには、短期大学卒業の資格が効力を発揮することがあります。なぜなら、求人の応募に短大卒以上という条件になっている場合、専門学校を卒業した人は応募することができないからです。短期大学の卒業資格があれば、横暴することが可能です。このように、将来保育士以外の進路に変更する可能性を持っている方であれば、併修校も悪い選択肢ではないということができます。