専門学校の保育学科を卒業すると取れる資格は、保育士免許と幼稚園教諭2種の免許です。幼稚園教諭2種の免許は3年制のコースならほとんどの専門学校で取得することができますが、2年制のコースの場合には取得できないことも多いです。幼稚園教諭の免許も欲しい人は確認をしておきましょう。保育士しか目指していないという人は幼稚園教諭の免許は必要ありませんが、最近では保育園と幼稚園を合体させたような施設も登場しているので、持っていたほうが就職で有利になる可能性があります。

その他、専門学校によっては社会福祉主事任用資格、幼児体育指導者検定なども取得できることがあります。学校によって目指せる資格は異なっています。最短で保育士になりたい人には2年制のコースがおすすめです。短期集中型の2年制のコースでは時間を節約できるだけでなく、学費も2年分ですみます。

3年制のコースを選ぶ人は、「ピアノが苦手」「もっと深く学びたい」「保育の技術をさらに向上させたい」といった理由で選んでいるようです。どちらが正解のルートというわけではないので、好きなほうを選びましょう。幼稚園教諭1種の免許を取得するためには4年制の大学を卒業している必要があります。あくまで保育士を目指している人の場合、幼稚園教諭2種の免許だけでも十分でしょう。

私立の幼稚園などでは4年制大学を出ている人を優先して採用するというところもあるようですが、保育園の場合には基本的に学歴は影響しません。