保育士になるためにはいくつかのルートがあります。一つが試験に合格するルートです。一定の条件を満たした人が受験することができるため、幅広い人たちに門戸が開かれています。その他には、専門学校や短期大学、4年制大学があります。

これらの学校で指定保育士養成施設とされているところでは、卒業をすると資格が貰えます。専門学校にも指定保育士養成施設がありますが、そうでないところもあります。指定校の場合は卒業と同時に資格が取れます。しかしそうではないところはそのままでは資格が取れません。

そこで、同じ学校法人内の短期大学や提携する短期大学の通信課程を活用している場合が多いです。つまり、専門学校と短期大学の両方に入学する形になります。いろいろ面倒な気もしますが、短期大学卒業の資格が手に入るというメリットがあります。学歴的に一歩上の乗資格が手に入るので、将来的に大学に編入することなども視野に入れることができる点ではプラスといえるでしょう。

指定を受けているところであれば卒業とともに資格が手に入るわけですが、どこを選んでもいいとは限りません。やはり校風もありますし、どの程度教育に力を入れいているのかといった要素は異なります。したがって、よく見比べて自分が学ぶのに良いと感じる環境を選んだほうが良いです。その際には、先輩に話を聞いたり口コミを参考にしたり、オープンキャンパスに参加して実際に確かめてみると良いでしょう。