いくつかある保育士になる方法のひとつが、保育系の専門学校に通うことです。専門学校は文字通り専門性に優れており、保育士を真剣に目指す人の強力な味方となります。保育の現場は、もちろん一定の知識は必要ですが、勉強を沢山して知識を詰め込み試験でいい点数をとることよりも、子どもたちを相手にする実践的な能力が大切です。多くの専門学校では、実習を頻繁に行うことで生きた内容を学べる性質を持っています。

そのため、保育系の就職率が高いことも強みです。卒業して働き出したときに即戦力として活躍が期待できるのも、理由のひとつと言えるでしょう。専門学校はどこも全て同じではなく、それぞれ特色があります。保育士を育成するという部分は共通していますが、組まれるカリキュラムの違いに就職や学生生活をサポートする体制などさまざまです。

自身に見合ったところを探し出し、納得して入学すればモチベーションの維持向上にもつながるでしょう。例えば、アルバイト等の時間を確保したい人は午前中授業がないところを選んだり、音楽が好きな人はピアノを中心に色々な楽器を使った授業を取り入れているところを選んだりすることも可能です。また、保育園だけでなく幼稚園の機能も一体化させた認定こども園が増えつつあります。そうした幼保一体型の認定こども園では、保育士資格に加え幼稚園教諭免許も求める場合が多いです。

将来的に認定こども園で働くことを考えてる人は、幼稚園教諭免許も併せて取得できる専門学校を選択するとよいでしょう。