映像制作の現場では日進月歩と呼べる内容に向かっていくことがあり、過去に培われた実績を重視する動きが見えます。基本的なノウハウを踏襲しながら、いろいろなパターンに応じていく内容を目指しており、映像制作の根幹を変えるほどの作品に介入する動きが見られます。状況に応じてきちんと実行するパターンが大切な要素となるため、一つ一つの作業へ特化させたメッセージを考えていく方針が大事です。映像制作によって誰かに訴えかけることが可能となり、こういった仕事に携わっている人は将来的な方針の保証が明らかとなります。

外部から依頼を受けた場合も想定し、実績のよさをもう一度検討する状態が大切です。クリエイターひとりひとりが苦労して作成したものに寄り添うことで、映像がみせる本物の美しさが明らかとなってきます。ひそかなブームを引き起こす要素を確認して、映像制作の実態を庶民へ理解してもらえる方向が基本となります。実際に使用された作品の多くは、世界のクリエイターが注目する内容も含まれており、細かいところまで追求している要素が大きなポイントになってきます。

実績がはっきりするビジョンがわかれば、若手のクリエイターの育成へ大いに役立ちます。今後の方針を明らかにすることで、実績の面で最適な内容が判明します。基礎的な内容を振り返ることで、日本人が好む内容が明らかとなります。映像制作の現場をもう一度理解することが大事になってきます。