映像制作会社の求人は経験者が優遇されます。会社によって異なっていますが、求人に応募できるには経験者のみということもあります。しかし、映像制作会社の求人に、未経験者の方が応募できないわけではありません。映像制作会社では、未経験者を募集することもあります。

その場合は、年齢が若い方が有利になります。年齢が若ければ、一から仕事を覚えられるからです。関連の分野で仕事をした経験がある場合も、優遇されることがあります。経験はなくても、この分野でどうしても仕事をしたい方もいるでしょう。

その場合は、自分の作った作品を提出して自分のスキルをアピールする方法があります。IT技術が発達しているので、普通の人でも気軽に動画を作れるようになりました。ネット上にアップロードするのも難しくありません。自分が作った動画で自信作があれば、それを人材を募集している会社の人にアピールしてみましょう。

もちろん門前払いされる可能性はあります。それでも何もしないで諦めるよりは、良い方法です。映像制作の仕事をするときは技術も大切ですが、この仕事に対する熱意はそれ以上に大切です。自分が作った動画を提出すれば、熱意のある人材だと見なされる可能性があります。

まずは会社にメールで問い合わせてみましょう。問い合わせて許可が得られたら、自分の作った作品を送付します。ネット上にアップロードした作品だったら、試聴回数なども知らせるようにしましょう。