「東京工学院専門学校」では、3年をかけてじっくりと知識や実技を身につけていきながら保育士資格と幼稚園教論2種免許の取得を目指していきます。毎週キャンパスの一角で実施される子育て応援サークルは学生が中心となって、リアルな現場体験をすることができます。1年間で子供にふれあえる時間は600時間を誇り、現場と同じ環境の中で実践的なことを学ぶことができる全国屈指の総合専門学校となっています。「日本児童教育専門学校」は、保育士と幼稚園教諭の両方を目指す3年制と働きながら保育士を目指せる2年制があり、どちらも卒業と同時に資格取得が可能です。

2年制では昼間コースと夜間コースがあって、昼間コースであれば就業時間が14時半となっているので、授業のあとに仕事をすることもできます。保育サービス関連企業と提携していることによって、契約社員として働けるといったメリットも魅力です。「聖徳大学幼児教育専門学校」では、2年間で保育士と幼稚園教諭の免許を取得することができます。1階と2階は幼稚園となっているので、常に子供達の声が教室まで聞こえてくる環境の中で授業を受けることができ、予習や復習、ピアノの自主練習などの時間もしっかり確保することができるので、充実した時間を過ごせる学校となっています。

就職先は関東が多い傾向にありますがUターン就職支援も充実しており、大学との連携によって3年次編入学制度もあるので、家族にも喜ばれています。