保育園待機児童問題が大きくなっている現代、保育士の需要はとても増えています。保育園や幼稚園、教育施設などにおいて子どもの世話、情緒の成長、体力の成長のサポートをする職業です。小学校に上がる前の幼児期は、人格形成の土台をつくる非常に大切な時期です。保育士は子どもたちを情緒豊かに、社会性を身につけさせ、様々な能力を引き出していくお手伝いをするとてもやりがいのある仕事です。

日々様々なことを吸収しながら成長していく子どもに携わることが出来るのは、とても素晴らしいことです。そして働くお母さんが増えている現代において、子どもの保護者のサポート力として保育士という職業は益々注目されています。保育士になるには国家資格が必要です。短大や大学、専門学校などで勉強や実践を行い、保育というものを理解し、その能力をしっかりと身に着けることが大切です。

その中でも専門学校で資格を取る方が増加傾向にあります。専門学校の良さは大学に比べて半分の器官で資格を取得できること、夜間コースなどもあるので仕事をしながら通うこともできる点、幼稚園教諭など他資格も取得することが出来る、すぐに現場で実践できる知識や技術を学ぶことが出来ることがあげられます。保育士の資格を取るための学校という目的意識がはっきりしているので、その目標に向かって進んでいく意識が高い生徒が多いという環境が整っています。そして一度資格を取れば生涯その資格を持ち続けられるので、子育てなどがひと段落したあとにも復職しやすいのも魅力です。