保育士の専門学校では保育の仕事に必要な国家資格の取得を目指すことが出来るのが特徴の養成施設で、文科省・厚労省の指定校や短期大学等の併修校がありますが、どちらに通った場合でも資格を取得することが可能です。文科省・厚労省の指定校である保育士の専門学校は一般的に「指定校」と呼ばれている学校で、多くの場合2年学校に通い授業を受けて卒業するときには国家資格を取得することが出来、一方短期大学などの併修校の場合は、文科省・厚労省の認可を受けていない学校のため、国家資格を取得するには短期大学などの通信教育も修め卒業する必要があります。どちらの場合も幼稚園教諭2種免許や保育士資格がとれる専門学校ですが、併修校のばあいはカリキュラムによって他の福祉系の資格も取得できることがあります。授業内容は学校によって違いがありますが、福祉や保育の基本知識や理念のほか子どもの心理について、また絵画やピアノなどまで幅広く扱われます。

もちろん乳幼児の抱き方や沐浴の仕方、ミルクの与え方なども保育士の専門学校では授業で扱うのであまり子どもと接した経験の無い人でも基礎から子どもの扱いを学ぶことができ安心です。卒業時に資格を取得できる保育士の専門学校は、日々保育の実務に付いたときに役に立つ知識や技術を授業を通して勉強できるので効率が良く、早ければ2年で国家資格を取って保育所や保育園に就職が可能。4年制の大学よりも費用がかからず学べるのもメリットです。