最近は映像制作にかかる費用がどんどんと上がってきています。その理由は映像技術がどんどんと進化していることで、映像制作に使用するソフトが高額化しているとことと、人件費が多く必要になってきていることです。今では一つの映像を作るのに一人で作るというのはなかなか珍しいケースになってきているといえます。多くの人が関わることになったことで、よれ鮮明で綺麗な映像が作れるようになった代わりに、そのコストはかなり多くかかるようになったわけです。

さらに、高機能なソフトは高額な能力を必要とするハードを要求します。高精度の映像制作をするには、高スペックなパソコンや周辺機器が必要となり、これもコストアップにつながっていると考えられます。今や映像制作にかかる費用はかなり額になることが多くなっています。それだけ視聴者の目が肥えてきているのです。

ちょっとした漫画やアニメのような映像であれば、簡単に作れるのですが、それでは視聴者の肥えた目を満足することは出来ないので、当然視聴者を引き付けるようなものが要求されることになります。これが費用を上げているということになるのでしょう。最近ではVRという新しい映像技術も登場していて、これがどう普及するのかが注目されるところです。これがテレビのような感じで一家に一台、一人に一台というようなことになれば、これ用の映像を作る必要もでてくるでしょう。

これから、映像制作はさらに難しいことが要求されることになるのかもしれません。