映画業界で働いてみたい、テレビ局やCMに関わる仕事がしてみたい、そう思ったら映像制作のアルバイトから始めてみてはどうでしょうか。特にパソコンで動画制作やCG映像を作るのが好きで、日頃からよく作っている方にはおすすめです。もちろん学校の部活や、専門学校の映像コースで映像制作を学んだ方なら、その腕前を試すきっかけになります。今の世の中はデジタル映像が当たり前になりました。

コマーシャルからニュース番組まで、CGを使用した映像を見ない日はないのではないでしょうか。オープニング画面、天気予報、会社名のロゴなどほとんどの映像にCGが使用されています。将来映像関係を職業にしていきたいと思ったら、アルバイトとして映像に関わる仕事をすると良いでしょう。そこから経験を積んで、じょじょに上を目指しましょう。

有名な監督やクリエイターも、最初は小さなアルバイトから始めた方がほとんどです。日本もハリウッドも、最初から大物としてスタートした方はほとんどいません。まずはアルバイトで映像制作の仕事について理解を深めましょう。クライアントがいれば、自己表現だけでなく、クライアントが望む映像を作ることが最優先になります。

監督や俳優もいれば、チームとして一つの映像を作る協調性が大切になります。映像制作という業界をきちんと理解する経験として、アルバイトを楽しみましょう。インターネットで映像制作について検索すれば、求人情報が出てきたりするので、趣味やスキルを活かせるよう挑戦してみましょう。