アニメを作るのが好きな方、自主制作で映画を作っている方、とにかく映像制作が好きな方は、映像制作のアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。例え専門学校を卒業していなくても、特技や趣味が映像関係なら思いきって応募してみましょう。面接時は実際に自分が制作した映像を見せたり、普段使用するソフトウェアや制作手順について話してみましょう。現代の企業の宣伝方法は、かつてのようなチラシやカタログの印刷媒体より、テレビ映像やネット動画、携帯電話のメールなど、デジタル技術を駆使した方法が多くなりました。

実際インターネットをしていると、画面横に宣伝が流れたり、興味がある分野のバナーが表示されたことがないでしょうか。検索履歴などからそういう宣伝が自動的に表示されることがあり、ネット上での宣伝は競争率が高くなっています。だからこそ見る人の気をひく映像を作るセンスや、技術が必要になります。お手本通りの単調な映像を作るだけでは他人に見てもらえません。

なので映像制作の業界では、新しい人材を発掘することに高い関心を持っています。最初はアルバイトとして入っても、年代問わず腕前によっては早く昇格し、正社員になるのも夢ではありません。実際テレビなどで、若いのにトップクリエイターになった方を見た方も多いのではないでしょうか。トップクリエイターになれば独立できる可能性も高まります。

まずは最初の一歩である、アルバイトから探してみましょう。